外装塗装でマイホームを元気に長持ちさせる方法

屋根の修理

光が射す玄関

塗り直し時期

外壁塗装には塗り直し時期が存在します。塗り直し時期を過ぎてしまうと外壁の塗装がボロボロと崩れ始めてしまいます。基本的にチョーキングやひび割れが塗装に出てきたら塗り直しを行うのに最適な時期です。

階段と植木鉢

外壁塗装の種類

外壁塗装には様々な種類が存在します。例えばアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などが存在します。実際は更に細かく分かれており、耐久性や効果、寿命などが異なります。

大工さんの後ろ姿

外壁塗装の寿命

外壁塗装は種類によって寿命が異なります。一般的には数年から10年の間と言われていますが、一番寿命が長いものですと20年近く保つものも存在します。基本的にはフッ素系の塗料が寿命は長いといわれています。

芝生と木材

外壁塗装を怠ると

外壁塗装を怠ってしまうと、塗装はだんだんと剥がれ落ちてしまいます。あまりにも劣化が激しい状態で塗り直しを行うと、外壁の補修を行わなければならない場合もあります。外壁そのものにダメージを与えることになるので注意しましょう。

コンクリートの建物

断滅効果と遮熱効果

外壁塗装には断滅効果と遮熱効果を持っているものが存在します。断熱効果を遮熱効果両方持ち合わせている塗料は、夏は涼しく冬は暖かくなりやすい住宅にすることができ、結果省エネに貢献することができます。

建設中の家と木材

セルフクリーニング

外壁塗装の中にはセルフクリーニング効果を持つものが存在します。セルフクリーニング効果があることで、外壁が常に綺麗な状態になり、外壁を掃除する手間を省くことができます。

住宅の壁を守る

エクステリアは大阪の業者に施工依頼できますよ。和風から欧風まで、依頼者の要望をしっかり形にしてもらえますね。

住宅の外壁は雨風等から室内を守るために丈夫に出来ています。
しかし年月が経っていくと、外壁はどんどん劣化していき、そして住宅全体の老朽化に繋がっていくのです。
外壁の劣化を防ぐために重要になってくるのが、外壁塗装です。
外壁塗装は外壁を守るために塗られる特別な塗料で、種類がたくさん存在します。
メーカーによっても塗料の特徴が変わってくるので、全ての塗料を把握することは大変だと言われています。
外壁塗装の塗料は雨風から住宅を守るだけではなく、湿気や。直射日光といった外部からの刺激からも住宅を守ることができるのです。
塗料によっては断熱効果なども含まれているものがありますので、更に快適な住宅にすることができるでしょう。

外壁塗装は外壁を守ると言う以外にも様々なメリットが存在します。
例えば外観をより美しくすることができます。
美しくするだけではなく、耐久性や防水性を高めてくれるので、住宅を更に丈夫にしてくれます。
他にもより住みやすい住宅にし、省エネ効果をもたらしてくれる外壁塗装も存在し、光熱費削減に繋がることがあります。
外壁塗装で使用される塗料は透湿性にも優れています。
外壁には水分に弱いものが存在し、水分に晒され続けることによって、外壁が内部から劣化していくことも少なくありません。
外壁塗装によって水分は通さず、必要になってくる湿気のみ通すことができるため、快適な住居空間にすることができるのです。

薔薇が咲くウッドフェンス
関連リンク
  • 外壁塗装の悪徳業者見極めサイト

    外壁塗装選びをしているならサイトをご覧ください。業者選びに役立つ情報が盛りだくさんなので活用できます!
  • 塗装のことなら何でも相談しましょう。横浜で外壁塗装依頼するなら、ココのサイトから電話で問い合わせを行なうようにしましょう。