外装塗装でマイホームを元気に長持ちさせる方法

外壁塗装の種類

人間も家も誕生した時から時間の経過とともに歳をとっていくのは同じです。
ただ違いがあるとすれば、家の場合は新築の状態に時間を戻すことが可能な点です。
時間を戻すこととは、新築同様にリフォーム工事をすることで可能になります。
家が劣化する箇所で一番深刻なのは外壁です。
外壁には2つの役割があります。
一つは見る人が見た時に、その見た目としての印象を与えるものです。
もう一つは、家を雨や風、雪、そして直射日光から守る役割もあります。
つまり、外壁が劣化するということは、見た目も悪いだけでなく、家の老築化をさらに加速させるということなのです。
そこで外壁塗装をリフォームして見た目をきれいにすると同時に、自然環境にも強くし、家の寿命も長引かせることが可能になります。

家のエクステリア(外観)をリフォームし、修理することの重要性は述べた通りですが、いざリフォームをすることの重要性を理解していてもなかなかリフォームに踏み切れないのは、そこにお金の問題があるからではないでしょうか。
外壁塗装の場合、壁の損傷具合や使う塗料によって価格は大きく変わってきます。
損傷が軽い状態で塗装だけに済むとすれば、後は塗装の種類を選ぶだけになります。
一番安いとされる塗装はアクリル樹脂系の塗装で、例えば25坪の家の場合だとおおよその予算は40万円ぐらいからと考えておけば間違いないでしょう。
これに対して、一番高価とされるフッ素樹脂系の塗料では70万円ぐらいからと考えておけば間違いないでしょう。

階段と植木鉢